前へ
次へ

今から葬儀マナーをマスターする方法は

やはり、葬儀マナーに関しては、素人判断で実践してもなかなか身につけることができないものだといえます。
なので、しかるべき知識を所有している先生などから習ったほうが早いでしょう。
葬儀マナーを教えている先生のスクールに参加し、ときにはセミナーなどにも参加することが重要となってきます。
最近は、この類の作法を学ぶことができるセミナーも、いろいろなところで目立つようになってきました。
特にインターネットを利用できるなら、インターネット上の葬儀マナーお勉強できる冠婚葬祭業者のホームページなどを利用するのがお勧めです。
個人のブログなどからでも勉強できるチャンスがあるので、ぜひとも見逃さないようにしておきたいところです。
動画サイトなどを利用すると、葬儀マナーにあたって必要な動作などに関しても、視覚的に確かめることができるでしょう。
そこが非常に重要な要素でもあるので、文字を上だけではなく、ビジュアル的なところもしっかりと利用して勉強することが大事です。

訃報は突然入るので、お通夜や告別式などの葬儀に出席をできない場合もあります。
葬儀に出席できない場合は、お悔やみ電報を送るようにしましょう。
開式の2時間前ぐらいには届くように手配したいです。
インターネットの専門業者を利用すると、24時間いつでも注文が出来るので、忙しい人にお勧めします。
友人や知人の場合は、告別式かお通夜のどちらかだけ出席してもかまいません。
お通夜に参列できない時でも、告別式に行ける時は参列をするのが葬儀マナーです。
遺族や喪主のお焼香が終わったら、一般参列者の順番になります。
自分の順番が回ってきたら、遺族に一礼をしてから、祭壇の前に進みます。
遺影に一礼をしてから、3回程度お焼香をして下さい。
宗派によって回数が違ってくるので、事前に確認をしておくと安心です。
もう一度遺族に一礼をしてから、退出をして下さい。
出棺の前はご遺体にお花をお供えをして、合掌をしましょう。
親族の場合はマイクロバスに乗って、火葬場に行くのが葬儀マナーです。

Page Top