前へ
次へ

お通夜の席での葬儀マナーを考える

亡くなられた方の家族の方々は、お通夜の席などでは大きな悲しみの中にいると思われます。
そんな時、お悔やみの言葉をかけるのは非常に辛く感じることもありますが、死を悼む気持ちを込めながら短く挨拶するようにします。
亡くなられた方と親交の深かった人などは、いろいろと話しをしたいと考えるのかも知れませんが、家族の方々の負担を最小限にするためにも、短めの挨拶で済ますようにするべきです。
故人との想い出話は、後日のゆっくり出来る時間でも良い訳ですから、この通夜の席では、短めに済ます工夫が大切です。
また大きな声も避けるようにすべきで、小さめの声で挨拶を行うことも葬儀マナーの一つとなっています。
お通夜の席に参列することになった時、特別な親交がなくても一言挨拶をしておくことも大切です。
その場合でも「このたびは誠にご愁傷さまでございます。
心からお悔やみ申し上げます」とキチンと伝えることも必要です。
挨拶に伺うことになるため、お通夜の時間ギリギリに行くことも避けるべきで、若干余裕をもって参列することも葬儀マナーです。

Page Top