前へ
次へ

お焼香の葬儀マナーは

葬儀マナーというのはいくつかあるのですがお焼香のやり方なんてことをそれなりに知っておくとよいでしょう。
お焼香のやり方ですが実際にはいくつかやり方がありますのでそれに必ず合致するのかと言うとそうでもなかったりします。
とにかく、無礼にならない程度にやればよい、というのがある意味で葬儀マナーであるといえるでしょう。
お焼香というのは色々とやり方があると言っても基本的に香炉に移すという作業になります。
ですから、その回数とかやるときにどのくらいまで高く上げるのかと言ったこととかが問題になります。
しかし人に見られるというものではありませんし基本的には普通に移し替えるというだけでも問題ないです。
本当に特に高く上げたりしない祈りの動作がないというようなやり方としては浄土真宗が有名でしょう。
宗派によって違うことですが、その葬式の時の宗派に合わせる必要性も無いので自分の宗派でやると良いでしょう。
それだけでも十分です。

葬儀に参列する際には、香典の準備が必要です。
時として「香典などはいただきません」と喪主から連絡がある場合がありますが、それ以外は持参するのが葬儀マナーです。
包む額として、親戚は1万円~5万円、職場関係や友人の場合は5千円が相場です。
付き合いの深さにもよりますが、3千円以下は逆に失礼にあたることもあるので気を付けましょう。
お札に関しては、綺麗な新札は使わないことも葬儀マナーです。
新札は、まるで死の準備をしていたかのように思われてしまいます。
結婚式は新札を使いますが、葬儀では新札に折り目を入れるなどの気配りをしたいものです。
香典袋に文字を書く際には、薄墨のペンで書かなければいけません。
文房具店やコンビニなどでも売られています。
水引きの下に、自分の名前を記します。
包んだ額は、漢数字で表記するのが基本です。
壱、阡、萬といった漢字を使用しましょう。
香典はふくさに包んで持参して受付にて包みから出すようにします。

Page Top